体臭対策ナビ - セルフチェックで分かる原因と対処法とは?

 

あなたは、体臭に悩まされていませんか?他人の臭いを不快に感じる事は、どなたでも経験があると思いますが、家族や職場の人に指摘されて初めて体臭に気が付いた、という方は結構多いはず。と言っても、ワキガや加齢臭、口臭など臭いの種類は色々とあるので、どうやって対策を行なったらいいのか迷ってしまいますよね。

 

毎日の入浴や消臭スプレーの使用など、清潔を保つようにしていたとしても、それでも臭ってしまって気になるという方が最近増えています。しかし、そもそも普通に生活していれば、誰でも何らかのニオイが発生するのは仕方のない事です。それなのに、日本人は他国に比べてニオイに敏感なところがあり、体臭を気にしている方が多いようですね。

 

そこで、こちらではそんな方のために様々な体臭対策の方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。どんなタイプのニオイにも原因があって、その原因に合わせた対策を行なうことで改善する事が出来ます。何をやってもダメだと諦めることなく、まずは体臭の原因を考えてみましょう。意外なものが原因となっているかもしれませんよ。

 

まず、ニオイの原因として考えられるものにはいくつか種類が挙げられます。汗による一般的なものやタバコによる外的要因、加齢による加齢臭などがあります。そして、意外なものでは体調不良病気によって引き起こされる独特の体臭があったりと、大きく分けると4つの原因が存在しています。

 

その中でも、病気が要因となって引き起こされるニオイはとても危険です。腸の病気や糖尿病、肝機能障害などの病気によって悪臭を発生させてしまう事があるからです。もし、色々な対処法を行なっても全く改善されないという事があれば、これら病気を疑ってみましょう。病気を放置すると大変なことになるので、専門化である医師に相談することをお勧めします。それら病気の治療が終わればニオイはすべて解消されますよ。

 

ちなみに、普段何気なく食べている食べ物が要因となっている場合もあります。脂分の多い食べ物などを多く摂っていれば、それが皮脂の成分となって体外へ排出され悪臭となってしまいます。先ほど、腸の病気で悪臭を放つことがあるとお伝えしましたが、食べ物によって腸内環境が悪化すると臭いにつながってしまうんですね。色々な消臭グッズを試す前に、普段何気なく食べている食べ物を見直すという事が必要かもしれません。

 

それとは反対に、ニオイを解消するために最適な食べ物ももちろんあります。代表的な食べ物にはマッシュルームや牛乳、こんにゃくやサツマイモなどの繊維質な食べ物になります。それらは体臭を消してくれるだけでなく、予防にも最適な食べ物なので、日頃から摂取していきたいですね。ただし、毎日摂るのは難しいと思うので、その場合はサプリを活用すると良いですよ。あなたに合った方法で気になる悪臭を解消していきましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

原因とは?


体臭は、「皮膚の汗腺や皮脂腺からの分泌物による臭気」と定義されています。

 

そんな体臭は男女を問わず他人から臭ったら嫌なものだし、自分自身の体臭がしていないか気になりますよね。

そこで、こちらでは体臭の原因や対策について徹底的に解説していきましょう。

 

原因は大きく分けて4つあります。

 

まず一つ目は、によるものです。

 

人は誰でもアセをかくものですが、臭う場合と臭わない場合とがあります。

 

臭わない場合はエクリン汗といい、スポーツをした後などに出るサラサラした汗ですね。

 

その一方、臭う場合はアポクリン汗といい、ワキや胸などにこの汗腺が集中しています。

 

このアセにはたんぱく質や脂質が多く含まれているので、分解されると強い臭気を発してしまいます。

 

これがいわゆるワキガであり、強い体臭になっているんですね。

 

ただし、サラサラしたエクリン汗もたくさん出たまま放っておくと、やはり体臭になってしまうことがあります。

 

続いて二つ目は、加齢によるものです。

 

年齢が高くなるにつれて、皮脂腺から出る皮脂が酸化されノネナールという物質を作り出します。

 

それは特に頭部から出ることが多く、これが加齢臭の原因となっています。

 

三つ目は、体調不良や病気によるものです。

 

胃腸の働きが悪かったり、肝機能障害や糖尿病などの病気があると、本来は便として排出される臭気物質が血中に取り込まれて体から出てくることになります。

 

これが体臭となってしまうんです。

 

最後は、外的要因についてです。

 

それは、タバコなどによるものですね。

 

長い間タバコの煙に晒されているとこの体臭が発生してしまうようです。

 

チェック方法について


体臭は自分ではなかなか分からないものですよね。

 

これは自己順応といって、常に嗅いでいる臭いのために刺激が分からなくなってしまうんだとか。

そこで、こちらでは自分で体臭をチェックする方法についてお伝えしていきますね。

 

ワキガを調べる一番簡単なチェック方法は、サランラップを手のひらサイズに切り取り、それでワキをゴシゴシしてみる事です。

 

それで臭ったら体臭がキツイ可能性がありますね。

 

サランラップは無臭に近いので、このチェックに向いているんです。

 

さらに厳密に調べたい時には、ラップでワキを強く擦った後に手を綺麗に洗い、上半身だけでいいですが真新しい服を着て風上を向きます。

 

そして、その状態でそっと例のラップを臭ってみて下さい。

 

クンクン嗅ぎすぎると他の臭いも感じてしまうので、このときは静かに嗅ぐのがポイントですよ。

 

その時に強烈に臭う場合はワキガ体質になります。

 

その他にも、アンダーシャツのワキが黄色くなってしまったり、耳垢がネバネバとしている人は、ワキガ体質であることが多いようです。

 

では、加齢臭についてもチェックしてみましょう。

 

加齢臭の元となるノネナールは皮脂腺から出ます。

 

その皮脂腺が集中しているのは頭皮なので、普段使用している自分の枕の臭いをチェックしてみて下さい。

 

出来ればベランダなどの新鮮な空気を吸える場所で、一度深呼吸を数回します。

 

鼻の感覚をニュートラルに戻してから、やはりそっと枕を嗅いでみましょう。

 

このとき、枕が全くもって無臭ということはありえないので、臭いの程度に注意して下さいね。

 

少し臭うくらいなら問題ありませんが、自分でも臭いと思うようなら加齢臭がしているかもしれませんね。