クレジットカードの作成に必要な本人確認書類にはどんなものが使える?

クレジットカードが本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で送られてくる場合、必ず本人確認が必要で、それが確認されなければ受け取ることができません。
この本人確認により金融機関側も本人に渡したということになるそうで、ここはきっちり確認されることと思います。
無記名のクレジットカードなんて悪い人にとったらお宝みたいなもんですから、厳重なのはありがたいですね。
さてこのとき使える本人確認書類は、まず本人確認書類の王道・免許証、二番手(?)健康保険証、変化球のパスポートに、そう来るか!?といった感じの(国民)年金手帳。
他にも写真つき住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、官公庁が発行した写真つきの身分証明書、共済組合員証、公の機関が発行した写真つきの資格証明書、運転経歴証明書、届出避難場所証明書などが挙げられます。
中には細かい条件があるものもあるようなので、詳しくは日本郵便のWEBサイトをチェックしてみてください。